様々な資金調達方法

MENU

様々な資金調達方法

起業しようと考えている人や会社を経営している人にとって、資金調達は避けられません。

 

資金調達の方法はたくさんありますが、一番に思い浮かぶのは家族や知り合いからお金を借りる方法ではないでしょうか。この場合は、自分たちで条件を決めてお金を借りることができ、銀行の融資のように資料を用意し厳しい審査を受けるということもなく返済の際も融通がきくという利点がありますか、トラブルが起きたり関係がこじれてしまう可能性もあるので注意が必要です。

 

助成金や補助金で資金調達をする方法もあります。どちらも返済する義務はなく、助成金は要件を満たしていれば受けとることができますが、補助金はしっかり事業計画を立て資金の必要性をアピールしなくてはいけません。両方ともすぐに受けとることができず、不正受給も多くなっているため厳しい要件が定められており、半年から2年くらい受給までに時間がかかることもあるので、すぐにお金が必要な場合には不向きです。

 

最近では、インターネットで不特定多数の人たちからお金を集める、クラウドファウンディングという資金調達の方法も増えています。この方法は、企画が失敗に終わってしまった場合その責任を自分で負わなくてはいけません。

基本的な資金調達方法について

会社を設立したり事業を運営するためには資金が必要です。一番理想的な方法は全て自己資金で賄うことですが、よほど資金に余裕が無い場合以外は資金調達を行うことが一般的です。基本的な資金調達方法は資本を増やすこと、現在ある資産を現金化すること、負債を増やすことの3通りの方法がありますが、それぞれにメリットとデメリットが存在します。

 

まず資本を増やす方法としては第三者割当増資と呼ばれる株式を発行する方法があり、そのメリットは調達した資金を返済する義務が無いことで、デメリットは株式の持ち分によっては買収や合併のリスクを伴うことです。資産を現金化するメリットは資金調達が手早くできることですが、デメリットとしては持っている資産の価値が実際よりも低い価格になってしまうことが挙げられます。

 

負債を増やすということはいわゆる「借金」をすることで、期限付きで融資を受けて定期的に元本と利息を返済していく方法です。このメリットとしては自己資本に対する利益率を高める「レバレッジ効果」を利用できることです。その一方デメリットとしては自己所有する不動産などの担保や保証人が必要になることや、経営状態に関わらず期日には返済の義務が生ずることが挙げられます。

ビジネスローンってそもそも何なの

ビジネスローンとは、簡単に言い表すとビジネスローンとは事業資金のために借入する法人向け無担保ローンのことです。個人事業主や法人経営者の方にとって資金繰りを改善するために利用する資金調達できる数少ない方法のひとつとなっています。

 

銀行では、原則銀行はプロパー融資、保証協会の保証付融資などとは別にローンを取り扱っているのですが、スコアリングシステムによる審査を採用することによって審査コストを大幅に削減することが可能になります。今までの融資では審査に通せなかった中小や零細企業に対しても金利を上げることで融資できるメリットが生まれました。

 

しかし問題点として、現在ではスコアリングシステムによる審査の精度が低いことがデメリットとなり、銀行はビジネスローンから撤退気味となっています。またビジネスローンの注意点として・資金の使途は事業性資金のみの場合と、自由に利用できるものの2種類があります。

 

審査には事業計画書や決算書の提出が必要なこともありますので、事前に担当となる銀行と要相談するようにしてください。総量規制の対象になりません、年収600万円の方であれば180万円以上の貸付をすることはできないことを抑えてください。